ドクター

整形でメイク時間を短縮

眼

埋没法と切開法の特徴

目元を綺麗な二重にするためにテープなどを使ってメイクをしている女性もいます。しかし毎朝このようなメークをするのは大変です。簡単な美容整形で二重にすることができ、メイクの時間を短縮することができます。美容整形の二重の手術は埋没法と切開法の2種類があります。埋没法はプチ整形とも呼ばれ、メスを使わないので手術に不安がある人も安心して施術を受けることができます。これは糸でまぶたの裏側を留めるだけで二重をつくることができ、施術時間も10分から20分程度です。ダウンタイムも短く、数日程度で腫れなどはなくなります。美容整形したと気づかれにくいのが埋没法の利点で、施術後にメイクをして帰ることも可能です。埋没法は費用も切開法に比べてかなり安いので学生など若い女性を中心に人気となっている整形です。まぶたを留めた糸は簡単に取り出せるので二重の形を変えたい場合は何度でもやり直すこともできます。また糸は留める箇所が多いほど持続効果が長続きします。切開法はメスを使った本格的な美容整形手術です。これは部分切開と全切開の2種類があります。部分切開はまぶたの一部分を二重のラインに添って切る方法です。まぶたの脂肪が厚くて埋没法ができない場合や、全切開手術に不安のある人などが部分切開を行います。ダウンタイムは1週間前後で、腫れが引く頃には綺麗な二重が出来上がります。全切開は部分切開に比べて幅の広い二重をつくることができ持続期間も半永久的です。この場合まぶたが垂れ下がる眼瞼下垂の手術を同時に行うこともあります。切開法ではまぶたの余分な脂肪を除去してスッキリとした目元にすることができます。部分切開では一部分しか脂肪を除去できませんが全切開なら完全に取り除くことができます。そのため二重の仕上がりも全切開の方が部分切開よりも自然です。切開法の施術時間は部分切開も全切開1時間程度必要となります。全切開のダウンタイムは長くても2週間前後かかるので、学校や会社などがある場合は長期間の休みが取れる時に行った方がいいでしょう。