ドクター

美人の条件ともいわれます

頬を触る人

理想に近付きましょう

二重は目の大きさを左右することもあり、美人の条件とも言われています。一重の人が二重にするグッズなどもたくさん販売されていることから、そこに憧れている人がいかに多いかを計ることもできるでしょう。一昔前は毎日一重まぶたを二重に変えてからメイクを始めるという人も多かったですが最近は整形手術の技術が上がり、お値段もお手軽になったことから積極的の手術を受ける人も多くなりました。手術を受けてしまえば二重はキープされ、手間もぐっと減ります。しかし簡単にできるようになったとはいえ手術なので気を付けておくべき点も必ずあります。手術の種類は主に二つに分けられ、埋没法と切開法と呼ばれるものがメジャーです。どちらを受けるにしてもまぶたの腫れや内出血などの症状が出てしまう可能性もあると頭にいれておきましょう。大体はすぐに治まりますがなかなか治らない場合は再度受診して、詳しい原因を調べてもらう必要があります。他にも同じ二重でも自分の理想と他人の理想は異なります。施術をしてもらう医師としっかりイメージを共有しておくことが必要です。術後、時間が経ってしまうとやりなおしも困難になる可能性もあるのでメスを入れる前に疑問点は全てクリアにしておきましょう。埋没法は比較的やり直しがしやすいと言われていますのでそちらを選んでおき、少しでもイメージと違った際には早急に相談するのも一つの手です。目元は人の印象を大きく左右します。しかし、おおっぴらに整形手術をしたということを知られたくない人ももちろんいるでしょう。医師が勝手に誰かに話すことはあり得ません。術後に腫れぼったくなってしまうことは多少なりとも考えられるので秘密にしておきたい時にはしっかりスケジュール調整をして、長期休暇などの間に手術を受けてしまうなど工夫をしましょう。どうしても長い休みの取得が難しい場合は埋没法にし、メイクで隠すテクニックを練習しておくのもOKです。しかし勝手にメイクをするのではなく、必ず医師に確認を取ってから目元を触るようにしましょう。きちんと約束を守ることで術後も快適な暮らしができます。